或るバックパッカーの海外一人旅 世界遺産旅行記
2年間で24ヵ国ほど海外一人旅をした貧乏バックパッカー世界遺産旅行記。おすすめの格安激安の卒業旅行・新婚旅行・海外旅行・ワーキングホリデー・留学生活

■バックパッカー海外旅行記■

YAHOOカテゴリに認定されました テレビ番組熱中夜話に出演しました

↓このサイトの目次↓

海外一人旅の準備
 一人旅の持ち物リスト(前編)
 一人旅の持ち物リスト(後編)
 海外旅行でのお金の持ち方
 ぼられない方法と予算内で買う方法
 どこまで現地人とふれあうか
 物乞いとの付き合い方(前編)
 物乞いとの付き合い方(後編)
 海外旅行中に日本株トレード
 自分探しの旅で自分は見つかるのか?
 バックパッカーの定義
 インドの腹痛・下痢対策
 絶景!世界遺産ランキング一覧(前編)
 絶景!世界遺産ランキング一覧(後編)
 海外旅行にお勧めのカメラ

留学・ワーキングホリデー情報
 英語短期留学の意味はあるのか?
 ホームステイで本当にいいの?
 オーストラリアのどの都市に留学する?
 英語語学学校を選ぶコツとは?
 これを知らずに英語は絶対伸びません
 リスニングを伸ばす唯一の方法とは?

ここが変だよインド人
 逆にインド人をダマしてみる

ここが変だよネパール人
 ネパールのエベレストな便所

ここが変だよペルー人
 空気椅子便所

ここが変だよフランス人
 フランス人はプライドが高い?
 フランスの水の正体

ここが変だよアメリカ人
 ラスベガスのホテルはなぜ安い?
 ラスベガスのカジノで勝つ方法
 アメリカの便所で一端を担う

ここが変だよ日本人
 ぶれない人
 熱中夜話にテレビ出演した
 マンドリルがあらわれた・・・
 生死の境を・・・
 たけのこズ ブート キャンプ
 ドラえもん最終回
 松本人志「大日本人」の感想
 初めてのハローワーク
 変化
 ナチュらかに
 4億の男
 雪国へ
 今日こそ
 提案
 呼び名
 開発中
 試み
 正直

かゆい所に手が届く観光情報
 ラスベガスとグランドキャニオン
 エジプト旅行の必須知識
 スペイン旅行の必須知識
 ニュージーランド旅行の必須知識

世界一人旅の絶景写真作品集
 トルコの絶景写真
 イタリアの絶景写真
 ネパールの絶景写真
 インドの絶景写真
 ペルーの絶景写真
 ボリビアの絶景写真
 マレーシア・ブルネイの絶景写真
 タイ・カンボジアの絶景写真
 フィリピン・ベトナムの絶景写真
 インドネシアの絶景写真
 オーストラリアの絶景写真
 タスマニアの絶景写真
 アメリカの絶景写真
 エジプトの絶景写真
 ニュージーランドの絶景写真
 スペインの絶景写真
 クロアチア、スロベニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、モンテネグロの絶景写真
 フランスの絶景写真

目からウロコの英語英文法理解
 THEの使い方を完全理解する
 否定文でsomeがanyになる?
 sinceは、なぜ、理由を表す?
 頻度を表す副詞の位置は?
 疑問文・否定文の作り方
 Maybeって、何%の自信?
 関西弁を英語で言うと
 使える日常英会話表現
 仮定法を簡単に完全理解しよう
 現在完了形を簡単に理解しよう
 よく分からなかったshallの使い方
 TOEIC対策攻略法の無料動画集

海外旅行のベストシーズン
 アジアのベストシーズンと気候
 中東のベストシーズンと気候
 ヨーロッパのベストシーズンと気候
 北アメリカ/北米のベストシーズンと気候
 南米のベストシーズンと気候
 オーストラリアのベストシーズンと気候
 アフリカのベストシーズンと気候
 ビーチのベストシーズンと気候
 海外旅行のベストシーズンと気候
 1月がベストシーズンの国と気候
 2月がベストシーズンの国と気候
 3月がベストシーズンの国と気候
 4月がベストシーズンの国と気候
 5月がベストシーズンの国と気候
 6月がベストシーズンの国と気候
 7月がベストシーズンの国と気候
 8月がベストシーズンの国と気候
 9月がベストシーズンの国と気候
 10月がベストシーズンの国と気候
 11月がベストシーズンの国と気候
 12月がベストシーズンの国と気候
 海外旅行おすすめ国都市ランキング
 おすすめ世界遺産ランキング
 海外旅行の持ち物チェックリスト

■バックパッカーの一人旅行■

Author:或るバックパッカー
世界一周を目指し初めて海外1人旅をしました。貧乏旅行なのでホテル・安宿は、格安・激安です。ワーキングホリデー・英語留学生活も経験しました。お得な初めての海外一人旅に必要な観光情報、持ち物、心構えもあります。つまりwikiです。世界一人旅の目的・理由は海外の世界遺産と英会話上達です。最近は女性の旅行者も多いので女性一人旅の方や初めての海外旅行の方にもどうぞ。お得な海外生活だけでなく日本国内一人旅行も書いてます。ベストシーズン情報もありますので卒業旅行や新婚旅行にもどうぞ。

海外旅行で訪れた国々です。
 ペルー・ボリビア・インド・ネパール・タイ・トルコ・ブルネイ・マレーシア・オーストラリア・タスマニア・ベトナム・シンガポール・フィリピン・カンボジア・アメリカ・カナダ・フランス・イタリア・エジプト・グアム・サイパン・インドネシア・ハワイ・中国・香港・韓国・台湾

海外旅行で訪れた地域です。
東アジア・東南アジア・南アジア・西アジア・ヨーロッパ・北アメリカ・南アメリカ・オセアニア


◆海外旅行相互リンク大募集です◆

以下、うちのバナーです。或るバックパッカーの海外一人旅 世界遺産旅行
リンク、どフリーなサイトです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手


↑ブックマークして頂けると あおむけになって喜びます


松本人志「大日本人」の感想
えー、愛撫って、
どうゆうふうにすればいいですか?

どもども、たけのこ体操です。(挨拶)



まあ、なんてゆうか、見てきました。
大日本人。


間の天才、松本さんがどんな映画を撮ったのか。

日本一のボケであるところは、
誰しも知っているところです。

日本向けに作ったのに、カンヌで拍手喝采だった

と聞いて、否が応でも、期待は高まります。


松本さんは、
「自分のやったことを人に真似された瞬間に、
もう違うことがやりたくなる。」
と言い、

「今回の映画は世間には新しすぎるかもしれない。
なにかに突き動かされて、できたものだ。」
とも言ってました。

なので、正直、彼の笑いについていけるか
どうかという一抹の不安もありました。


そんな、不安もあり、期待もありながら、
ついに映画が上映されました。


さすがに、初日に見に来る客だけはあって、
お笑い好きの松本好きです。


みんな、彼の笑いについていけるかどうか
というようなことをわずかながら不安に思っている
雰囲気が多少なりとも感じました。


それが証拠に、ある人は、自分は松本の笑いが
分かるよとでもゆうふうに、なんにもないところで、
笑ったりし、自分の笑いの能力を誇示しようとします。


序盤は特に、なんか、松本さんに試されているようで、

客側も笑うところを探すのに必死な雰囲気でつつまれています。

でも、笑えないみたいな。


実際、序盤はおもしろいところは、
ほとんど特にありませんでした。


そこが、逆に、自分は笑いが分かると思っている人を、
必死にさせていた、必死におもしろい所を探していたと、
そういうような雰囲気を作ったのだと思います。


さぐりあい、さぐりあいです。
さすが、大阪というか、こんな雰囲気で始まる映画は
初めてでした。



そして、映画が終わった後も、他の映画と違い独特の、
他の映画ではありえない雰囲気が立ち込めていました。


普通の映画なら、おもしろかったなぁ、とか、

おもしろくなかったとか、友達同士で感想を言い合ったり

するのが聞こえてくるのですが、今回に関しては、

観客がコメントを差し控えている感じでした。


それは、松本さんがテレビで、批判されたくないと
名言していたからだと思います。


松本さんは、
「日本で一番おもろい俺が作ったものを、俺以下のやつに、
おもろないってゆわれたくない。
じゃあ、おまえらが、これ以上おもろいものを作れんのか。」
ってのが、本音だと思います。


もちろん、無理です。
天才を批判するは、松本大好き人間達には、
はばかられたようなような雰囲気でした。


松本さんの笑いが、もしかしたら、分からなかっただけ
かもしれないと、個人個人で、思っていたからかもしれません。


ここで、安易に、おもしろくないっといってしまえば、
周りのやつにどう批判されるか分からない。
そういうような、雰囲気もあったかと思います。


で、実際の私の感想なんですが、やっぱり松本さんは
テレビの方がいいですね。
テレビだと、面白さを時間内につめこんで、
だいたいどの場面も面白いと思います。



ですが、今回の映画だと、二時間あって、実質三十分が
面白いんですが、後の一時間半がだらだらしてました。

松本さんはそれはわざとだと、ふりだと、言ってますが、
見た感じではだらだらしてて、こっちの方が印象に残る感じです。

面白い所も、普段のテレビのコント並みですし。
いや、普段のコントよりは力が入ってたかと思いますが、
普段のコントは、見てる間、常におもしろい。

映画だと、時間の75%近くは、フリのため、笑えない。
だとすると、テレビの方がおもしろいと錯覚してしまします。


松本さんは日本で一番おもしろいのは、私はもちろん認めますが、
映画ではハリウッドの方がやっぱりうまい気がしました。

笑いということじゃなくて、面白いと感じられる時間が
長いということです。


松本さんは、新しい笑いのパターンを数多く編み出してきました。
で、今回も、まったく新しいパターンがあるのかというと、
そうではなく、既存の笑いからそれほどは、
抜け出せていない気がしました。

つまり、なにかしら、いままでのコントで見たことがあるものが
多かったです。
それは、それでおもしろいから、いいのですが。


海外でうけたのは、松本さんが生み出してきた笑いのパターンを、
知らなかったからだと思います。

まったく初めての笑いを見せ付けられたからではないでしょうか。
それですら、理解できない外国人も数多く存在するとは思いますが。
日本人でも、まったく分からない人もたくさんいますし。


我々は、日本で見る機会がたくさんありますので、
それほど、目新しいということは、感じないのではないか
と思います。テレビのコントの延長のように見えました。

日本人にしか、分からないところも数多くありました。
ですが、そこが、際立っておもしろいところかというと、
そうではなかったと感じています。

なので、むしろ、外国人にこそ、
うけるのではないかと思いました。


おもしろいことは、おもしろいです。
ですが、期待しすぎれば、少しガッカリするかも知れません。


ただ、私が、天才松本を、理解してないだけかもしれんが・・。
みなさんの意見も聞いてみたい今日この頃です。



←[前の話][次の話]→





web拍手


↑ブックマークして頂けると あおむけになって喜びます


巻貝
なんか裸の王様みたいだね。おもしろいかおもしろくない、それでいいじゃない。面白くなかったら世間の笑いのセンスが俺のについてきていないからみたいな事を言う松本さんのその発言はみっともなくてびっくりです。ちょっと笑っちゃう。
人を笑わせて何ぼの芸人じゃないのですか?哲学者にでもなったつもりなのでしょうか。
2007/07/25(水) 17:50








管理者だけにメッセージを送る









↑卒業旅行や新婚旅行の
ベストシーズン




↑お勧めヨーロッパ個人旅行





↑HIS・激安・格安・ホテル・ツアー





↑初めて個人で海外旅行なら












海外旅行のベストシーズン

copyright 2008 或るバックパッカーの海外一人旅 世界遺産旅行記 all rights reserved. powered by .
designed by 性格卒業旅行や新婚旅行のベストシーズンバックパッカー或るバックパッカーのインド旅行記×ネパール旅行記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。