或るバックパッカーの海外一人旅 世界遺産旅行記
2年間で24ヵ国ほど海外一人旅をした貧乏バックパッカー世界遺産旅行記。おすすめの格安激安の卒業旅行・新婚旅行・海外旅行・ワーキングホリデー・留学生活

■バックパッカー海外旅行記■

YAHOOカテゴリに認定されました テレビ番組熱中夜話に出演しました

↓このサイトの目次↓

海外一人旅の準備
 一人旅の持ち物リスト(前編)
 一人旅の持ち物リスト(後編)
 海外旅行でのお金の持ち方
 ぼられない方法と予算内で買う方法
 どこまで現地人とふれあうか
 物乞いとの付き合い方(前編)
 物乞いとの付き合い方(後編)
 海外旅行中に日本株トレード
 自分探しの旅で自分は見つかるのか?
 バックパッカーの定義
 インドの腹痛・下痢対策
 絶景!世界遺産ランキング一覧(前編)
 絶景!世界遺産ランキング一覧(後編)
 海外旅行にお勧めのカメラ

留学・ワーキングホリデー情報
 英語短期留学の意味はあるのか?
 ホームステイで本当にいいの?
 オーストラリアのどの都市に留学する?
 英語語学学校を選ぶコツとは?
 これを知らずに英語は絶対伸びません
 リスニングを伸ばす唯一の方法とは?

ここが変だよインド人
 逆にインド人をダマしてみる

ここが変だよネパール人
 ネパールのエベレストな便所

ここが変だよペルー人
 空気椅子便所

ここが変だよフランス人
 フランス人はプライドが高い?
 フランスの水の正体

ここが変だよアメリカ人
 ラスベガスのホテルはなぜ安い?
 ラスベガスのカジノで勝つ方法
 アメリカの便所で一端を担う

ここが変だよ日本人
 ぶれない人
 熱中夜話にテレビ出演した
 マンドリルがあらわれた・・・
 生死の境を・・・
 たけのこズ ブート キャンプ
 ドラえもん最終回
 松本人志「大日本人」の感想
 初めてのハローワーク
 変化
 ナチュらかに
 4億の男
 雪国へ
 今日こそ
 提案
 呼び名
 開発中
 試み
 正直

かゆい所に手が届く観光情報
 ラスベガスとグランドキャニオン
 エジプト旅行の必須知識
 スペイン旅行の必須知識
 ニュージーランド旅行の必須知識

世界一人旅の絶景写真作品集
 トルコの絶景写真
 イタリアの絶景写真
 ネパールの絶景写真
 インドの絶景写真
 ペルーの絶景写真
 ボリビアの絶景写真
 マレーシア・ブルネイの絶景写真
 タイ・カンボジアの絶景写真
 フィリピン・ベトナムの絶景写真
 インドネシアの絶景写真
 オーストラリアの絶景写真
 タスマニアの絶景写真
 アメリカの絶景写真
 エジプトの絶景写真
 ニュージーランドの絶景写真
 スペインの絶景写真
 クロアチア、スロベニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、モンテネグロの絶景写真
 フランスの絶景写真

目からウロコの英語英文法理解
 THEの使い方を完全理解する
 否定文でsomeがanyになる?
 sinceは、なぜ、理由を表す?
 頻度を表す副詞の位置は?
 疑問文・否定文の作り方
 Maybeって、何%の自信?
 関西弁を英語で言うと
 使える日常英会話表現
 仮定法を簡単に完全理解しよう
 現在完了形を簡単に理解しよう
 よく分からなかったshallの使い方
 TOEIC対策攻略法の無料動画集

海外旅行のベストシーズン
 アジアのベストシーズンと気候
 中東のベストシーズンと気候
 ヨーロッパのベストシーズンと気候
 北アメリカ/北米のベストシーズンと気候
 南米のベストシーズンと気候
 オーストラリアのベストシーズンと気候
 アフリカのベストシーズンと気候
 ビーチのベストシーズンと気候
 海外旅行のベストシーズンと気候
 1月がベストシーズンの国と気候
 2月がベストシーズンの国と気候
 3月がベストシーズンの国と気候
 4月がベストシーズンの国と気候
 5月がベストシーズンの国と気候
 6月がベストシーズンの国と気候
 7月がベストシーズンの国と気候
 8月がベストシーズンの国と気候
 9月がベストシーズンの国と気候
 10月がベストシーズンの国と気候
 11月がベストシーズンの国と気候
 12月がベストシーズンの国と気候
 海外旅行おすすめ国都市ランキング
 おすすめ世界遺産ランキング
 海外旅行の持ち物チェックリスト

■バックパッカーの一人旅行■

Author:或るバックパッカー
世界一周を目指し初めて海外1人旅をしました。貧乏旅行なのでホテル・安宿は、格安・激安です。ワーキングホリデー・英語留学生活も経験しました。お得な初めての海外一人旅に必要な観光情報、持ち物、心構えもあります。つまりwikiです。世界一人旅の目的・理由は海外の世界遺産と英会話上達です。最近は女性の旅行者も多いので女性一人旅の方や初めての海外旅行の方にもどうぞ。お得な海外生活だけでなく日本国内一人旅行も書いてます。ベストシーズン情報もありますので卒業旅行や新婚旅行にもどうぞ。

海外旅行で訪れた国々です。
 ペルー・ボリビア・インド・ネパール・タイ・トルコ・ブルネイ・マレーシア・オーストラリア・タスマニア・ベトナム・シンガポール・フィリピン・カンボジア・アメリカ・カナダ・フランス・イタリア・エジプト・グアム・サイパン・インドネシア・ハワイ・中国・香港・韓国・台湾

海外旅行で訪れた地域です。
東アジア・東南アジア・南アジア・西アジア・ヨーロッパ・北アメリカ・南アメリカ・オセアニア


◆海外旅行相互リンク大募集です◆

以下、うちのバナーです。或るバックパッカーの海外一人旅 世界遺産旅行
リンク、どフリーなサイトです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手


↑ブックマークして頂けると あおむけになって喜びます


ニュージーランド旅行の必須知識
ニュージーランドは、正直あまり期待していなかった。

オーストラリアに行ったことがあり、似たような感じの小さい国だと思っていたからだ。

ただそこには、ものすごい自然が広がっていた。

20数カ国を旅したが、その中でも最高クラス!

氷河の作りだした他にはあまり見ることのできない自然を堪能できる。

自然好き、写真好きにはたまらない国である。


ただ、天気には本当に悩まされることになる。

基本が雨っていう地域が多いのだ。

あとは、年末年始がベストシーズンだか、

世界中の人がこのベストシーズンを狙ってくるだけでなく、

ニュージーランド人も旅行する。


もともと、田舎な国で夏以外は人もこないこともあり、宿が少ない。

このため、年末年始は、泊まる宿がなくなるのだ。


ニュージーランドは、南半球で、日本の冬の時は夏になり、

暖かいと思われているが、南極からそこそこ近いこともあり、結構寒い。

宿がなければ、凍死しそうな気がする。テントと寝袋で寝ている人はたくさんいる。

なので、年末年始はかならず宿を予約する必要がある。


それは、バスの予約を意味するし、現地ツアーの予約も意味することになり、

旅行の工程がガチガチに決まってしまうことになり、

自由なはずのバックパッカーにとって、結構なストレスとなる。


しかも、西海岸側、ミルフォードサウンド、マウントクック、フランツジョセフ氷河、

フォックス氷河は、基本、雨が降っている地域である。

もし晴れたらラッキーなのだ!



せっかくニュージーランドくんだりまできたので、

最高の晴れた状態でみたいと思っても、

予約がガチガチので、天気を待つこともできない。


都市間を移動するバスや電車に関しては、1日に1便とかあって2便しかない。

なので、必然的に待ち時間が多くなる。

あまり、予定をぎゅうぎゅうに詰め込めない。


すごい自然ですごくいい国なのに、束縛された印象がつらかった。


ニュージーランドには、各都市に「i site」と呼ばれる

インフォメーションセンターがあり、これが、秀逸。

バス、電車、ツアー、宿をすべて直接電話して予約してくれる。

そこへ行けば予約の手配をすべてしてくれるのだ

こんな親切なインフォメーションセンターは、初めてでちょっと感動する。


治安は日本並みだと思うが、いちおう気をつけて。



◆日程

1日目 12/29
12時くらいにクライストチャーチ着
ここで、インフォメーションセンター「I site」に行くと、年末年始で宿がいっぱいで、
計画通りの日程で宿が取れないことが判明。
計画を練り直して、宿、バス、現地ツアーを全て予約させられる羽目に。

2日目 12/30
地震で観光するところがなく、また、年末年始のため他の都市の宿がとれないので、
一日ずらすことになったため、アカロアという、火山のあとに出来た地形をツアー見に行く。
晴れれば良いのかもしれないが、雨なので今いち。

3日目 12/31大晦日
バスで朝早く出発して、昼ごろテカポに到着。

4日目 1/1元旦
バスで朝早く出発して、昼ごろマウント・クック到着。

5日目 1/2
バスで昼ごろ出発して、夜にクイーンズタウンに到着。

6日目 1/3
ミルフォードサウンド一日ツアー。(クイーンズタウン発着)

7日目 1/4
クイーンズタウン観光。

8日目 1/5
バスで朝早く出発して、フランツジョセフ氷河に16時くらい到着

9日目 1/6
バスで朝早く出発して、昼ごろグレイマウスに到着。
列車「トランスアルパイン」に乗り換え、夜クライストチャーチへ

10日目 1/7
朝早くバスでカイコウラへ。15時くらいにカイコウラから、クライストチャーチへ

11日目 1/8
帰国



◆クライストチャーチ

2011年の2月にM6.1の地震大地震があった場所。

死者は185人。うち日本人28人。

都市のまさに中心、観光するところが、完全立ち入り禁止になっている。
崩れたビルの写真を撮っている人もいる。

現地人も観光客も暗い。仕方ないが。
阪神大震災の経験があるので、その気持ちがよくわかる。
東北の震災のときも、渋谷にいて、そこそこゆれた。

しかも、クライストチャーチに着いた日のちょうど一週間前に、
M5の地震があり、自分が止まっている宿も、余震で揺れない日はかなった。
この余震ほど、恐怖感を煽るものはないのは、
今や結構な人が経験として知っているとは思う。

現地の人にどのくらいで復興しそうか聞いてみた。
10年だか、30年だかいっていた。
日本の東北地震より、かかるだろうと。
まず、崩壊した建物を撤去し、それから地盤を調査し、
良ければそのエリアのにいけるようにし、そこから、建物を立てる。
ただ、大地震が起こった場所に、新しく建物を建てたいと思う人は、あまりいないだろう。

そういった、もろもろのことに時間がかかり、復興がすすんでいない感じ。
日本人経営のキィウィハウスはかなりでかい安宿で、アイルランドからきた大工さんの集団が泊まっていた。
キィウィハウスは、「i site」と呼ばれるインフォメーションセンターからかなり遠く
歩いたら、30,40分くらあり、なんせ、通行禁止地区が、どまんなかに、巨大によこたわっているから、大迂回路しなくてはならない。
そして、前述のインフォメーションセンターである「i site」は、ニュージーランド旅行では、絶対不可欠で、これがないと旅行がかなりしずらい。
仮バス発着場からも遠い。朝早くから、夕方くらいまでは、ワーホリの従業員が、車で送ってくれるが、やはり、不便な印象。到着も予約しておけば迎えにきてくれるとのこと。

それだと、YMCAに泊まった方が便利だろう。
i siteの目の前で、仮バス亭までも、キィウィハウスよりは近い。それでも遠いが。



◆テカポ

テカポは、晴天率が高く、星空がきれいなため、星空を世界遺産にしようという動きがあるが、
テカポ以上に綺麗なところをみたことがあるというのが、正直な感想。
まあ、星空が綺麗なのは間違いない。テカポには氷河からの溶けた水が流れこんだ、湖があり、その色はエメラルドブルーで、非常に美しい。

このエメラルドグリーンの色は、氷河によって削られた岩石などの微粒子によって出されている。
この微粒子に、太陽の光があたり、その中でも青から緑の色を反射するため。


湖の周りを歩くと素晴らしい景色が見れる。1泊する価値はあるのでオススメ。
昼について、トレッキングして、夜空をみて、次のひの昼に出る感じで充分ゆっくりできる。
2泊は必要ないかんじだが、気に入れば泊まれば、良いとうかんじ。
星空見学ツアーは、現地で申し込めるが、12月31日のツアーは、当日に参加しようとしたが満席で参加できなかった。

ガイドブックを見ると宿とか、飯屋とか、何もないかんじだが、実際には、思った異常に宿も飯屋もある。
湖沿いのトレッキングは少々遠くても、行くべき。歩いていると写真に撮りたくなるようないろんな景色が広がっている!
自然好きなら、絶対いこう!



◆マウントクック

マウントクックの晴天率は30%くらいしかないが、晴れた日の自然の美しさは世界最高クラス。
一泊して、すべてのトレッキングコースをあるくべき。どのコースも、まったく違う感動があり、写真を撮っていて楽しくて、しょうがないくらいの絶景。
ゴミ一つないトレッキングコースは、環境保全意識の高さを伺わせる。
宿もそこそこあり、年末年始をはずせば、安宿狙いだと予約はいらなそう。
年末年始は、かなり、宿がたりなくなるので、早めの予約がベター。1月2日に、YHAに泊まったが、12月29日でも予約がとれた。
ただ、地震の影響で観光客が減っているはずであり、2年、3年たつと、年末年始で3日前に予約は厳しいかもしれない。



◆クイーンズタウン

湖に面した美しい町。
夕焼けになると、最高!
近くの山にロープウエーで登ることができ(歩くこともできるがかなりきつい)、
そこからは、町全体と自然の調和した景色が一望できるのでおすすめ!
12/31、1/1、1/2の宿を取るのは、ドミトリーの安宿でさえかなり難しい。


◆ミルフォードサウンド

ミルフォードサウンドの晴天率は、20%くらい。晴れるほうが珍しい。
雨の景色の方が美しいという人もいるので、雨は気にしない方がよいかも。
ミルフォードサウンドまでの道中も絶景がみることができる。
どっちかいえば、道中の方がすごかったように思う。
やはり、南島の氷河の作りだした地形はすばらしい。
ミルフォード・トラックは世界一の散歩道と言われるほどで、宿の予約はかなり先まで埋まっている。


◆フランツジョセフ氷河

フランツジョセフ氷河は基本的に雨が降ってる。
20%くらいしか晴れない。

自分が行った時は当然のごとく土砂降り。
ずぶぬれになりながら、氷河が見れるポイントまで行く。
町から徒歩で一時間半くらいかけてトレッキングしたが、氷河までの道中はかなりの絶景。雨でも。
晴れていたら、ものすごく感動しただろうと思う。

ヘリコプターハイキングツアーがあり、ヘリで氷河の上まで行き、その後、氷河の中をハイキングする。
だが、基本的に雨が降ってる地域なので、30%くらいしか、催行されない。
当日に普通に雨でキャンセルになるので、事前に金を払う必要はなく席だけを確保しておけばよい。

氷河ウォークツアーなら、多少雨なら、催行される。


ヘリコプターハイキングツアー、一日氷河ウォークツアー、半日氷河ウォークツアーがあるが、
この順に値段高く、この順に感動が増す。
ただ、半日氷河ウォークツアーでも、晴れていればかなり感動できるだろう。

フランツジョセフのツアーも、三日まえには予約したい。

時間があれば2、3泊して天気待ちするのもオススメ。
宿から少し歩いた所に土ボタルがいるので、無料で見に行くことができる。懐中電灯が必要。

あと、フランツジョセフからクライストチャーチに一日で一気にいける。
フランツジョセフからグレイマウスまではバスで、グレイマウスからクライストチャーチはトランスアルパインで。



◆トランスアルパイン

・列車で山岳地帯を抜けていくトランスアルパイン列車は、おすすめ!
クライストチャーチ → グレイマウス
グレイマウス → クライストチャーチ
の両方がある。

ただ、窓が傷ついていて、さらに、汚れており、通常の座席からは、
綺麗な写真が見れないため、観光用の窓がない車両にいって写真をとったらいいと思う。
ただ、到着してから、その存在に気付いたので、その車両にだれでもいけるのかは謎。



◆カイコウラ

クジラやアザラシやイルカを見ることができる。
アザラシは、柵などない状態でまじかでみることができる。
クレイフィッシュというでかいエビが有名だが、味は普通。
クジラを見るツアーは、現地で当日申し込もうとしたがいっぱいだった。





◆はみだし情報

・クイーンズタウンには、季節が逆なこともあり、スノボやスキーの有名選手が集まる。

・広大な自然があるため、映画がよくとられる。また、季節が逆であることから、日本の冬に、来年の夏を先取りしたcmが作るけとができるため、cm撮影も多い。ファイト一発とか、山瀬マミの油とチャウチャウも、ニュージーランドで撮影された。

・ニュージーランドは、長距離バスがすごい。なぜか、ドライバーが、道中のガイド役になり、説明しまくる。結構ずっとしゃべってくれるので、かなりの満足感。

・ルピナスの咲き乱れた景色はきれいだが、ルピナスはイギリスから持ち込まれたもので、ニュージーランドにはもともといなかった植物。マメ科なので、生命力が強く、増殖しまくる。
国立公園では駆除対象になっている。

・ポッサムも、オーストラリアから、持ち込まれた。オーストラリアでは駆除対象になっていないので、ポッサムの毛皮は売られていないが、ニュージーランドでは生態系を破壊する要因となるため駆除対象となっている。その辺で、ポッサムの毛皮を使ったマフラーや、手袋が売られている。
インホォメの親父が、いうには、年末年始の問題は宿という。なので、31,1,2日の宿だけは、バックパッカー宿は絶対に先に一週間くらい前から予約しておくほうがよい。本当に宿がなくて泊まれない可能性があるので。夏でも夜はかなり寒く、用意がないと野宿はできないので、凍える可能性がある。、バスは多少は余裕があるので、一日まえの予約でもだいたい、大丈夫だとは思うが、大地震があった後なので、観光客が減っていることを考えると、例年は厳しいのかもしれないので注意。




web拍手


↑ブックマークして頂けると あおむけになって喜びます










管理者だけにメッセージを送る









↑卒業旅行や新婚旅行の
ベストシーズン




↑お勧めヨーロッパ個人旅行





↑HIS・激安・格安・ホテル・ツアー





↑初めて個人で海外旅行なら












海外旅行のベストシーズン

copyright 2008 或るバックパッカーの海外一人旅 世界遺産旅行記 all rights reserved. powered by .
designed by 性格卒業旅行や新婚旅行のベストシーズンバックパッカー或るバックパッカーのインド旅行記×ネパール旅行記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。