或るバックパッカーの海外一人旅 世界遺産旅行記
2年間で24ヵ国ほど海外一人旅をした貧乏バックパッカー世界遺産旅行記。おすすめの格安激安の卒業旅行・新婚旅行・海外旅行・ワーキングホリデー・留学生活

■バックパッカー海外旅行記■

YAHOOカテゴリに認定されました テレビ番組熱中夜話に出演しました

↓このサイトの目次↓

海外一人旅の準備
 一人旅の持ち物リスト(前編)
 一人旅の持ち物リスト(後編)
 海外旅行でのお金の持ち方
 ぼられない方法と予算内で買う方法
 どこまで現地人とふれあうか
 物乞いとの付き合い方(前編)
 物乞いとの付き合い方(後編)
 海外旅行中に日本株トレード
 自分探しの旅で自分は見つかるのか?
 バックパッカーの定義
 インドの腹痛・下痢対策
 絶景!世界遺産ランキング一覧(前編)
 絶景!世界遺産ランキング一覧(後編)
 海外旅行にお勧めのカメラ

留学・ワーキングホリデー情報
 英語短期留学の意味はあるのか?
 ホームステイで本当にいいの?
 オーストラリアのどの都市に留学する?
 英語語学学校を選ぶコツとは?
 これを知らずに英語は絶対伸びません
 リスニングを伸ばす唯一の方法とは?

ここが変だよインド人
 逆にインド人をダマしてみる

ここが変だよネパール人
 ネパールのエベレストな便所

ここが変だよペルー人
 空気椅子便所

ここが変だよフランス人
 フランス人はプライドが高い?
 フランスの水の正体

ここが変だよアメリカ人
 ラスベガスのホテルはなぜ安い?
 ラスベガスのカジノで勝つ方法
 アメリカの便所で一端を担う

ここが変だよ日本人
 ぶれない人
 熱中夜話にテレビ出演した
 マンドリルがあらわれた・・・
 生死の境を・・・
 たけのこズ ブート キャンプ
 ドラえもん最終回
 松本人志「大日本人」の感想
 初めてのハローワーク
 変化
 ナチュらかに
 4億の男
 雪国へ
 今日こそ
 提案
 呼び名
 開発中
 試み
 正直

かゆい所に手が届く観光情報
 ラスベガスとグランドキャニオン
 エジプト旅行の必須知識
 スペイン旅行の必須知識
 ニュージーランド旅行の必須知識

世界一人旅の絶景写真作品集
 トルコの絶景写真
 イタリアの絶景写真
 ネパールの絶景写真
 インドの絶景写真
 ペルーの絶景写真
 ボリビアの絶景写真
 マレーシア・ブルネイの絶景写真
 タイ・カンボジアの絶景写真
 フィリピン・ベトナムの絶景写真
 インドネシアの絶景写真
 オーストラリアの絶景写真
 タスマニアの絶景写真
 アメリカの絶景写真
 エジプトの絶景写真
 ニュージーランドの絶景写真
 スペインの絶景写真
 クロアチア、スロベニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、モンテネグロの絶景写真
 フランスの絶景写真

目からウロコの英語英文法理解
 THEの使い方を完全理解する
 否定文でsomeがanyになる?
 sinceは、なぜ、理由を表す?
 頻度を表す副詞の位置は?
 疑問文・否定文の作り方
 Maybeって、何%の自信?
 関西弁を英語で言うと
 使える日常英会話表現
 仮定法を簡単に完全理解しよう
 現在完了形を簡単に理解しよう
 よく分からなかったshallの使い方
 TOEIC対策攻略法の無料動画集

海外旅行のベストシーズン
 アジアのベストシーズンと気候
 中東のベストシーズンと気候
 ヨーロッパのベストシーズンと気候
 北アメリカ/北米のベストシーズンと気候
 南米のベストシーズンと気候
 オーストラリアのベストシーズンと気候
 アフリカのベストシーズンと気候
 ビーチのベストシーズンと気候
 海外旅行のベストシーズンと気候
 1月がベストシーズンの国と気候
 2月がベストシーズンの国と気候
 3月がベストシーズンの国と気候
 4月がベストシーズンの国と気候
 5月がベストシーズンの国と気候
 6月がベストシーズンの国と気候
 7月がベストシーズンの国と気候
 8月がベストシーズンの国と気候
 9月がベストシーズンの国と気候
 10月がベストシーズンの国と気候
 11月がベストシーズンの国と気候
 12月がベストシーズンの国と気候
 海外旅行おすすめ国都市ランキング
 おすすめ世界遺産ランキング
 海外旅行の持ち物チェックリスト

■バックパッカーの一人旅行■

Author:或るバックパッカー
世界一周を目指し初めて海外1人旅をしました。貧乏旅行なのでホテル・安宿は、格安・激安です。ワーキングホリデー・英語留学生活も経験しました。お得な初めての海外一人旅に必要な観光情報、持ち物、心構えもあります。つまりwikiです。世界一人旅の目的・理由は海外の世界遺産と英会話上達です。最近は女性の旅行者も多いので女性一人旅の方や初めての海外旅行の方にもどうぞ。お得な海外生活だけでなく日本国内一人旅行も書いてます。ベストシーズン情報もありますので卒業旅行や新婚旅行にもどうぞ。

海外旅行で訪れた国々です。
 ペルー・ボリビア・インド・ネパール・タイ・トルコ・ブルネイ・マレーシア・オーストラリア・タスマニア・ベトナム・シンガポール・フィリピン・カンボジア・アメリカ・カナダ・フランス・イタリア・エジプト・グアム・サイパン・インドネシア・ハワイ・中国・香港・韓国・台湾

海外旅行で訪れた地域です。
東アジア・東南アジア・南アジア・西アジア・ヨーロッパ・北アメリカ・南アメリカ・オセアニア


◆海外旅行相互リンク大募集です◆

以下、うちのバナーです。或るバックパッカーの海外一人旅 世界遺産旅行
リンク、どフリーなサイトです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手


↑ブックマークして頂けると あおむけになって喜びます


これを知らないと英語は絶対伸びません
「これを知らないと英語は絶対伸びません」



英語が目的で、留学・ワーキングホリデーに行く人は、
その前に日本で英語を勉強しておくことが非常に重要です。

ですが、この英語の勉強方法というのが難しいと思います。

どの方法がいいのか、最初はまったく検討がつきません。
五里霧中とういうやつです。

私自身、英語をどのように勉強したらいいのかということに、
中学生の時から、ずっと悩んできました。

と言うのは、いろいろな学習方法があり、どの方法が一番良くて、
効率いいのか分からなかったからです。
しかも、高額なものや、うそ臭いものまで、多岐に渡ります。
どの方法にすればいいのか分からないのも無理もないことだったと思います。
分からないので、楽そうなものに、飛びつきがちになります。
そのたびに失敗すれば、英語に対してどんどんやる気がなくなっていきます。
くだらない楽をする勉強法を選ぶことによって、逆に英語が遠のくのです。

また、私には、近くに英語をしゃべれる人がいませんでした。
近くにいれば、その人がしゃべれるまでに至った方法を教えてもらって、
それを信じて勉強できるので、どれだけ楽だったか分かりません。
何の心配もなく、ひたすらついていける指導者がいる人は本当に幸せだと思います。

学校の英語教師の立場では、なかなか難しいと思います。
大勢の人に教えないといけませんので。
英語には、大勢の人と一緒に習って、勉強できる部分と、
できない部分があります。
どんなに有能な教師が、教えてくれていたとしても、
自分で学習したり、反復練習する時間がなければ英語は伸びません。

英語をマスターするために必要なのは、努力です。
努力と言うか、たのしく継続することです。

野球がうまくなるには、継続して練習していかなくてはなりません。
英語も同じです。継続して練習していかなくてはなりません。

野球、英語だけに限らず、すべてのことは、
脳の未開発な部分を開発していくことだからです。

ただ、脳は、何回も繰り返して練習することでしか発達しないんです。

繰り返すことにより、神経細胞が繋がっていくのです。

それが、「継続は力なり」ということです。

だから、なにかを成し遂げようとすれば、
どんなことでも継続していかなければならないのです。
これは当たり前のことですが、長い継続や努力の前に、それを忘れてしまうのです。
忘れてしまえば、それから脳は開発されれません。

また、英語は毎日やりましょう。
毎日やることで、脳が、英語は必要だと認識してくれます。
その結果、少しやるだけでも、今までやった英語全体に関して忘れにくくなりますし、
自分でも、毎日やっているんだという、自尊心がプラスに働き、
日々の生活の中にある英語に関して関心が持てると思います。
これが、ほんとに重要です。
忙しいときでも、完全に学習時間を0にしてはいけません。
5分なり、10分なり、必ずやるようにしてください。


留学すれば、海外にいれば、英語は話せるようになるという幻想を
持った方がいらっしゃるかもしれませんが、それは完全に嘘です。
どこにいたとしても、自分の努力なしに、英語は身につきません。
英語を身につけようと思えば、日本にいても、海外にいても同様の努力が必要です。
実際、海外で、まったく英語をしゃべらずに生活することは簡単なことです。
留学していても、まったくしゃべれずに日本に帰ってくる人も多いです。
留学して、英語がしゃべれる人は、留学中ちゃんと頑張った人だけです。

ただ、海外にいれば、強制的に英語を勉強する環境が少しはあるので、
日本にいるよりは、勉強しやすいのは確かです。
ネィティブの言い回しや、今まで日本で勉強してきた机上の論理が、
初めて、実践として使われているの見て、さらに身についていきます。
やる気があれば、海外の方が上達速度は速いです。
実際に、英語を話す相手がいるのが一番大きいと思います。


大事なことは、
英語は、英語のまま理解するということ。
よく言われていますが、これは100%本当です。

英語を英語のまま理解するとは、どういうことかを
説明します。

例えば、「りんご」という日本語を見たときに、
日本人であれば、この文字から、りんごを頭の中にイメージできます。

りんご→頭の中のイメージ

これは、りんごという単語が、頭のイメージに直結しているからです。


次に、英語単語の「apple」という文字があった時を考えています。
appleは、日本語で「りんご」です。
で、このりんごから、頭の中にりんごというイメージを浮かべて理解します。

apple→りんご→頭のイメージ

このように、appleを理解するときには、英語「apple」をいったん日本語「リンゴ」に
置き換えるという手順を一つ多く踏んでいます。
これが、英語を日本語で理解すると言うことです。
ここで、appleのような簡単な単語ではなくて、
assumeという単語だったとします。
この単語が聞き取れたとして、次に、
あれ、assumeって、どんな意味だっけ???
えーと、あー、確か、「おもいこむ」って意味だ!
と分かった時には、もう、会話は終わっています。
遅すぎるのです。

ですので、やはり重要なことは、
下のように、英語を英語のまま理解することです。

apple→頭のイメージ

日本人でも、appleと聞けば、頭にすぐにリンゴのイメージがわきます。
appleが、直接イメージと結びついているからです。
この状態が、英語を英語で理解するということです。
appleという、単語に関して、日本人は、英語を英語で
理解しているのです。

で、どうすれば英語を英語で理解できるようになるかといけば、
先程も言ったとおり、反復練習しかないんです。
脳は、反復練習しないと、神経細胞がつながらないからです。

appleを、すぐ頭の中にイメージできるのは、
今までの、反復練習のおかげなんですから。


英単語を聞けば、考える時間なしに、そのものを思い浮かべることができるまで、
繰り返し、繰り返し、繰り返し、慣れる必要があります。
How are you? hello! This is a pen.
は、考えないで言えますよね?
英語の学習と言うのは、この考えないで言えるフレーズを増やしていく地味な作業です。
地道に、スムーズにでてくるまで練習するという作業です。
これも、100%本当です。断言できます。
how are youなどの言葉が、考えずにでてくるのは、
簡単であることも言えますが、今まで何回も言ってきたからです。
だから、考えないで言えるのです。

それは、会話に必要なすべての単語、文に対してです。
やることの多さに考えるだけで、気が遠くなりますが、これは本当のことです。
基本文型を覚えて、いろんな単語で使いまわすのはいい方法だと思います。
そして、その方法に限界を感じれば、また違った言い回しを追加で覚えていけばいいと思います。

英語がしゃべれるようになるには、気の遠くなるような努力が必要です。
ただ、この努力をすれば、誰でも英語はしゃべれるようになります。
誰でもです。日本語をしゃべれない日本人はいないんですから。
英語は、頭の良さでは決してないです。
ただ、どれだけ、英語をやったか、ほんとに、これだけです。
というか、英語だけでなく、世にあるほとんどのものが、そうですが。
どれだけの時間を費やしたかということです。

ここに、嘘はまったく書いていません。



また、英語を先頭から理解していくことは本当です。
文中を行ったり来たりして正式な日本語に直しながら訳していては、
この先、英語の上達は見込めないでしょう。
そういう意味では、英文を、綺麗な日本語に直すという学習は、英語上達の妨げになります。
テストで日本語訳を書かされる時以外は、綺麗な全訳は考えてはいけません。

例えば、
We all have to remember that language learning involves plenty of adventures.
という文があった時に、

We all have to rememberを聞いたときに、「覚えとかなあかん」ってこと
感覚的に感じます。日本語訳にしていません。感じるだけです。
で、次に、「なにをやろ?」って、感覚的に思います。
で、なにをゆうのかなって、待ち状態に入ります。
これらは、一瞬で感じることなので、ほとんど時間はかかってません。
で、次に、「なにを」の部分が相手によって発音されます。
language learning involves plenty of adventures.
で、「言葉の勉強は、含むんだよ、沢山の冒険をな」と感覚的に感じます。
ここでは、日本語訳で書いていますが、日本語で理解しているのではなく、
英語をそのまま、頭で感覚的に理解しています。

使い慣れていない単語は、日本語を思い出して理解する必要があるため、
やはり、かなりの時間がかかります。

感覚的に理解する順は、英語で単語を言われた順です。
language learning involves plenty of adventures.
この例で言うと、
language learning →involves →plenty of adventures.
言葉の勉強→含む→沢山の冒険を
の順です。英文を頭から、順に、感覚的に理解するのです。
この感覚的に理解することですが、これはただ単に慣れの問題です。
逆にいえば、量をこなさなくては、できません。
ここでいう、量をこなすということは、もちろん、
ネイティブの発音を真似して、できるだけ似せて、
音読を繰り返すということです。
私も、以前は、さっぱり聞き取れなかったのですが、
量をこなして、やっとこさ、聞き取れるようになってきました。


また、重要なことは、相手の言いたいことを先に想像しながら(会話の流れに乗りながら)、文を読んだり、聞いたりすることです。
日本語でも、相手が言いそうなことを予測しながら、聞いています。
だから、相手が話している途中でも、さえぎって話し返すことができるのです。
逆に、予想とまったく違うことを言われれば、ポカーンとしてしまいます。
英語が話されている状況、場所、行動などを思い浮かべながら聞いていると、
いくつかの単語を聞き取っただけで言いたいことが分かるのも、このためです。


それでは、実際の勉強方法について書いていきます。



⇒ リスニング力を上げる唯一の方法とは?

⇒ 否定文でsomeがanyになるのは間違い?

⇒ 英語語学学校を選ぶコツとは?



web拍手


↑ブックマークして頂けると あおむけになって喜びます










管理者だけにメッセージを送る









↑卒業旅行や新婚旅行の
ベストシーズン




↑お勧めヨーロッパ個人旅行





↑HIS・激安・格安・ホテル・ツアー





↑初めて個人で海外旅行なら












海外旅行のベストシーズン

copyright 2008 或るバックパッカーの海外一人旅 世界遺産旅行記 all rights reserved. powered by .
designed by 性格卒業旅行や新婚旅行のベストシーズンバックパッカー或るバックパッカーのインド旅行記×ネパール旅行記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。