或るバックパッカーの海外一人旅 世界遺産旅行記
2年間で24ヵ国ほど海外一人旅をした貧乏バックパッカー世界遺産旅行記。おすすめの格安激安の卒業旅行・新婚旅行・海外旅行・ワーキングホリデー・留学生活

■バックパッカー海外旅行記■

YAHOOカテゴリに認定されました テレビ番組熱中夜話に出演しました

↓このサイトの目次↓

海外一人旅の準備
 一人旅の持ち物リスト(前編)
 一人旅の持ち物リスト(後編)
 海外旅行でのお金の持ち方
 ぼられない方法と予算内で買う方法
 どこまで現地人とふれあうか
 物乞いとの付き合い方(前編)
 物乞いとの付き合い方(後編)
 海外旅行中に日本株トレード
 自分探しの旅で自分は見つかるのか?
 バックパッカーの定義
 インドの腹痛・下痢対策
 絶景!世界遺産ランキング一覧(前編)
 絶景!世界遺産ランキング一覧(後編)
 海外旅行にお勧めのカメラ

留学・ワーキングホリデー情報
 英語短期留学の意味はあるのか?
 ホームステイで本当にいいの?
 オーストラリアのどの都市に留学する?
 英語語学学校を選ぶコツとは?
 これを知らずに英語は絶対伸びません
 リスニングを伸ばす唯一の方法とは?

ここが変だよインド人
 逆にインド人をダマしてみる

ここが変だよネパール人
 ネパールのエベレストな便所

ここが変だよペルー人
 空気椅子便所

ここが変だよフランス人
 フランス人はプライドが高い?
 フランスの水の正体

ここが変だよアメリカ人
 ラスベガスのホテルはなぜ安い?
 ラスベガスのカジノで勝つ方法
 アメリカの便所で一端を担う

ここが変だよ日本人
 ぶれない人
 熱中夜話にテレビ出演した
 マンドリルがあらわれた・・・
 生死の境を・・・
 たけのこズ ブート キャンプ
 ドラえもん最終回
 松本人志「大日本人」の感想
 初めてのハローワーク
 変化
 ナチュらかに
 4億の男
 雪国へ
 今日こそ
 提案
 呼び名
 開発中
 試み
 正直

かゆい所に手が届く観光情報
 ラスベガスとグランドキャニオン
 エジプト旅行の必須知識
 スペイン旅行の必須知識
 ニュージーランド旅行の必須知識

世界一人旅の絶景写真作品集
 トルコの絶景写真
 イタリアの絶景写真
 ネパールの絶景写真
 インドの絶景写真
 ペルーの絶景写真
 ボリビアの絶景写真
 マレーシア・ブルネイの絶景写真
 タイ・カンボジアの絶景写真
 フィリピン・ベトナムの絶景写真
 インドネシアの絶景写真
 オーストラリアの絶景写真
 タスマニアの絶景写真
 アメリカの絶景写真
 エジプトの絶景写真
 ニュージーランドの絶景写真
 スペインの絶景写真
 クロアチア、スロベニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、モンテネグロの絶景写真
 フランスの絶景写真

目からウロコの英語英文法理解
 THEの使い方を完全理解する
 否定文でsomeがanyになる?
 sinceは、なぜ、理由を表す?
 頻度を表す副詞の位置は?
 疑問文・否定文の作り方
 Maybeって、何%の自信?
 関西弁を英語で言うと
 使える日常英会話表現
 仮定法を簡単に完全理解しよう
 現在完了形を簡単に理解しよう
 よく分からなかったshallの使い方
 TOEIC対策攻略法の無料動画集

海外旅行のベストシーズン
 アジアのベストシーズンと気候
 中東のベストシーズンと気候
 ヨーロッパのベストシーズンと気候
 北アメリカ/北米のベストシーズンと気候
 南米のベストシーズンと気候
 オーストラリアのベストシーズンと気候
 アフリカのベストシーズンと気候
 ビーチのベストシーズンと気候
 海外旅行のベストシーズンと気候
 1月がベストシーズンの国と気候
 2月がベストシーズンの国と気候
 3月がベストシーズンの国と気候
 4月がベストシーズンの国と気候
 5月がベストシーズンの国と気候
 6月がベストシーズンの国と気候
 7月がベストシーズンの国と気候
 8月がベストシーズンの国と気候
 9月がベストシーズンの国と気候
 10月がベストシーズンの国と気候
 11月がベストシーズンの国と気候
 12月がベストシーズンの国と気候
 海外旅行おすすめ国都市ランキング
 おすすめ世界遺産ランキング
 海外旅行の持ち物チェックリスト

■バックパッカーの一人旅行■

Author:或るバックパッカー
世界一周を目指し初めて海外1人旅をしました。貧乏旅行なのでホテル・安宿は、格安・激安です。ワーキングホリデー・英語留学生活も経験しました。お得な初めての海外一人旅に必要な観光情報、持ち物、心構えもあります。つまりwikiです。世界一人旅の目的・理由は海外の世界遺産と英会話上達です。最近は女性の旅行者も多いので女性一人旅の方や初めての海外旅行の方にもどうぞ。お得な海外生活だけでなく日本国内一人旅行も書いてます。ベストシーズン情報もありますので卒業旅行や新婚旅行にもどうぞ。

海外旅行で訪れた国々です。
 ペルー・ボリビア・インド・ネパール・タイ・トルコ・ブルネイ・マレーシア・オーストラリア・タスマニア・ベトナム・シンガポール・フィリピン・カンボジア・アメリカ・カナダ・フランス・イタリア・エジプト・グアム・サイパン・インドネシア・ハワイ・中国・香港・韓国・台湾

海外旅行で訪れた地域です。
東アジア・東南アジア・南アジア・西アジア・ヨーロッパ・北アメリカ・南アメリカ・オセアニア


◆海外旅行相互リンク大募集です◆

以下、うちのバナーです。或るバックパッカーの海外一人旅 世界遺産旅行
リンク、どフリーなサイトです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手


↑ブックマークして頂けると あおむけになって喜びます


スペイン旅行の観光情報と必須知識
~スペインの天気~

ほとんど日本の冬並みの感想で雨はほとんど降らない。
でも、太陽が照りつけるもんだから日中は結構暑い。
かさを持っていく必要はないと思う。降ったら、濡れるか、雨宿りすればいいくらいではないだろうか。
スペインのベストシーズン



~スペインの治安~

スペイン旅行前にさんざんスリについて脅された。
例えば、スペイン旅行した友達五人中四人がスリにあったとか、
地球の歩き方にもさまざまな手口のスリの方法が書いてあった。
集団で一人が気を引いているうちに他方がスルとか、
親切を装ってだとか、ものすごく身なりの良い人にすられたとか。
なので、かなり治安が悪いのかなと思ったが、全然良かった。

2週間スペイン旅行をしていたが、スリにはまったく会わなかったし、
スリの気配すら、まったくなかった。
警官も頻繁にいて最近ではスリは減っているのかもしれない。

ただ、旅で知り合った人は、一泊9ユーロのドミトリー式のホテル内で
盗難にあって現金4万円くらい取られていたが。


マドリッド、バルセロナについも夜12時を過ぎて外を歩いていたが、
なんの問題もなさそうだった。

スペイン初日にバルセロナで、朝五時まで宿が見つからず、
歩き回っていたが、それほど危険を感じることはなかった。

24時間営業のホテルも多いので夜中の宿探しはまあ避けたいがありかもしれない。
マドリッド、バルセロナは地下鉄が発達して移動が楽やから、宿の場所はそんなにこだわらなくても良い。

ま、必要以上に怖がる必要はないが、十分気をつけて。



~スペイン人の人柄~

スペイン人はいい人が多かった。
田舎では特に。道を聞けば、そこそこ遠いのに目的地まで連れて行ってくれることもあった。
道が分からないのに、いろんな人に聞いてくれたり。


マドリッド、バルセロナでは、都会だけあって忙しさにかまけて、
そこまで人に親切にするということはなかったが、それでもフレンドリーなやつは多かった。
人柄は、まあ、ノー天気で適当という感じ。もちろん嫌な感じはしない。
ただ、いろんなことに対して、もうちょっと効率良くしてくれよと、思うところは多々あるが、
それはおおらかでフレンドリーな性格の裏の面なので仕方がない。
日本人であれば、システムも効率的に作るだろうが、その面、几帳面な部分が邪魔して、
スペイン人ほどフレンドリーになれない。

スペインは夜の8時くらいに日没するから、スペイン人にとっては、8時が夕方みたいなもんで、
レストランも12時くらいまでは空いてる。子供でも、12時過ぎに寝るらしい。
このことは、多少なりとも、夜の治安をよくしていると思う。
しかし、朝は、日本並みに早いらしい。
ほんまかな?
スペインの道を歩いてたら朝の9時なんでも、日本の朝の六時くらいの人の閑散ぐあいであまり人をみかけない。

シエスタについて・・
夜遅く、朝が早いための昼休み。
つまり、13:00~16:00の間、だれだれになること。働かないこと。
ま、レストランとか・店とかしまっていて、ひもじい思いをすることになる。
が、どこかは開いてたりする。


~Wifiやネット状況について~

Wifiが日本以上にかなり普及しており、ホテルでも、PCを置いているところがあるが少なく、日本語が打てるところはほとんどない。
ネカフェも日本語使用は難しい。つまり、自分のPCもしくは、スマホがないとネットできない状況が多い。特にスマホは飛行機・列車の予約に必携。スマホがあれば、
駅まで行くのにかかる時間と、券を買うために並ぶ時間を節約できる。ただ、ネット予約の場合、もしかしたら、印刷が必要かもしれない。
スマホで券を買った人は印刷の必要があったかどうか、教えてくださると助かります。マドリッド⇔トレドなどは、列車が取れない場合もあるので早めに。自分は、実際取れなかった。



~スペイン人の英語力~

マドリッド、バルセロナには、一般人でも結構英語をしゃべれる人がいるが、
その他の田舎のスペイン人にはまったく英語は通じないか、
英語は理解してくれるのだが返答はスペイン語で返ってくるということになる。

スペイン人は簡単な英語を理解はできるがしゃべることはできないとのこと。

また、知り合ったイタリア人は、スペイン語を理解することはできるが、
しゃべることができないといっていた。
「日本人でも、沖縄弁が分かるが、しゃべることはできない。」そんな感じに似ているかも。

ま、とにかく、言葉の壁はそこそこ高く、最悪、身振り手振りということになる。
一日の便数の少ない列車やバスに乗りたくて、さらにその時間がない時は、
この言語の壁せいで、乗り遅れないかと結構ひやひやする。

観光業に携わっている人は、まあ、そこそこ英語を話すが、しゃべれない人も当然いる。



~闘牛について~

バルセロナは、九月で闘牛の時期終わってた。
殺す牛がいなくなったって、誰がゆってたけど、ほんまかいな。
マドリッドでギリギリやってて見ることができたが、10月くらいにこちらも終わる。
闘牛はおすすめ。いや、だんだん、あきてくるんですけどね。
二時間くらい、牛が出てきては戦って死んでの繰り返しですから。
計8頭くらい(?)と戦います。
ただ、思ってたのと全然違うので見に行くのをオススメします。
実際いってみるといろんな発見や、文化の違いを感じておもしろいです。
結構、最初の方は残忍だと思ってしまいますが、
だんだん、慣れてきます。怖いですね人間って。

スペインは、太陽がきつく、絶対日陰がおすすめ。
日没の二時間前くらいに始まるんですが、日向だと汗だくで写真もいいのが撮れないです。
天気によっても違うんでしょうが、基本、少々の金を払っても日陰にいっておくといいと思います。

でも、動物愛護系の反対で、闘牛自体禁止になるとかならないとかなので、
もう、見れなくなる可能が高い。
また、当のスペイン人達も、闘牛に興味がないらしく、
ある調査では8割近くのスペイン人が闘牛に興味ないということが分かった。



~スペインの食~

おすすめは、BARのハシゴ。
ちなみにBARは「バル」といって、朝から夜中まで開いている酒のでるCAFEのようなもの。
誰でも入ることができ、朝飯、昼飯、晩飯、飲みのすべてを兼ね備えている。

ビールが1ユーロ(100円くらい)でめっさ安いし、昔ながらの店であれば、ビール頼んだらタパスって小皿が付くことがある。
なので、ビール一杯だけたのんで付いてくるタパス食って、また、他のBARに行くのを繰り返せば結構安上がりになる。
後、サングリアって、ワインをレモンジュースかなんかで割った飲み物があるから、それ試してみるのもいい。
このサングリアに関して、知り合ったイタリア人は、ワインになにか異物をいれるなんて邪道だとゆっていた。
イタリアじゃ考えられないらしい。でも、いけるなとか言いながら飲んでたが。
あと、スペインではゲイは結構ゆるされるけど、イタリアでは、ゲイも許されないとのこと。
キリスト教の総本山のバチカンがあるから、そういうのはご法度らしい。


後、イベリア半島なので、イベリコ豚の本場。
生ハムがうまいから、食っておくべき。日本より完全に安い。
ま、全部が全部イベリコ豚ではないらしいが。

パキスタン人が路上で売ってるビールは、鉄の味がするから買わないほうが無難。
スペイン人にパキスタンビールをあげようとしたが、それは、まずいからいらないといわれた。



~スペインの物価について~

基本的に円高もあって、物価は日本よりだいぶ安く感じる。
感覚的だが、1ユーロ=130円くらいで、日本と同じくらいなのかも。
旅行客は感じづらいかもしれないが、
水とかは、スーパーで買えば、1リットル40セントしないのがごろごろしてるから。
ただ、駅とかでは、1.5ユーロくらい。基本、そうゆう普通のぼったくりは多い感じ。



~スペインの移動について~

飛行機・鉄道・バス・タクシー全般に安く感じる。

・鉄道
鉄道は基本的に、バスより高い。で、バルセロナ駅やマドリッド駅は、
長距離なら切符買う時にかなり並ぶから、出発の一時間前には行った方が良い。

実際に、マドリッド→トレドの列車が取れずに、二時間半後の列車に乗らざるえなくなった。
フランスでは鉄道の自動券売機が使えるのに、スペインではなぜか使えない。
これを使えるようになるだけで、かなり、この人の列は解消されるはずだから、
早く使えるようにして欲しい。ま、鉄道の券をネットで買えばいいだけかもしれないが。

鉄道は寝台列車がオススメ。特にバルセロナ⇔グラナダ。
効率よく周ることができるうえ、宿泊費もうく。
ま、そこそこ値(90ユーロくらい・・・)がはるので貧乏旅行だと、
宿泊費が浮くとはいいがたいが、時間は効率的になるだろう。
二等でも結構綺麗で四人部屋で知らない人と同じ部屋になる。
二等ではみんなでコンセントが一つで、一つ洗面台がついていた。
安全っぽかったが、いちおう気をつけて。

ユーレイルパスは、スペインではローカル線は料金がかからないが、
中・長距離の場合、座席指定料が6~10ユーロくらいを追加で払わなくてはならない。
なので長距離をかなり使わないとなかなか元が取れない感じ。
しかも、毎日使う感じでやっと。まあ、特に買う必要ないと思う。
細かくは、各自計算してください。AVE(高速列車)は日本の新幹線よりもお洒落でいい感じ。

・飛行機
格安航空会社はオススメ!!!
日付や時間帯に値段が左右されるが、
かなり安く、鉄道より安くつくことが多い。

⇒ ブエリング航空(英語)

今調べてみると、今後1カ月という期間で、

バルセロナ ⇒ マドリッド(片道)の最安が 19ユーロ
バルセロナ ⇒ グラナダ(片道)の最安が 35ユーロ

まあ、格安のは朝7時の出発とかだが、旅行者なら全然あり。
一週間ちょい前に予約すれば、安い料金で乗れるだろう。
このサイトの作りも分かりやすくすばらしい。
プライスカレンダーというのがあり、どの日が安いかグラフで一目瞭然。
国際線も飛んでいるので要チェック!

・バス
バスもなかなか快適で、地方で鉄道がない場合でも、バスはあるからバスで旅行することになる。
田舎は、バスの便数が少ないことがあるので気をつけて。



~今回行った都市のおすすめ観光順位~

①位 グラナダ(必要滞在時間:2日)世界遺産
オススメ。アルハンブラ宮殿の外観は大したことないが、内部はめちゃめちゃすごい。
スペイン・フランスで見飽きたはずの大聖堂だが、イスラムの流れをくんでいるので、まったく別物。
時期によるだろうが、朝九時くらいまでに早く行かないと、午前のチケットが売り切れてしまい、午後の部に回される。
丘の上にあり、歩いて30分くらいかかるので、また、戻ってくるとか泣きそうになる。俺は、泣いた。
ただ、狭い範囲を回り続けているバスがあるので利用すれば楽。
アルバイシン地区のユダヤ人街は、迷路のようでおもしろい。かわいい風景もたくさんあり、
写真を取るのが楽しい。この一帯に、アルハンブラ宮殿を一望できる展望台があるのでバスでそこまでいき、
帰りは下って降りてくると展望台とアルバイシン地区を両方たのしめる。
展望台からみるアルハンブラ宮殿の夜景はそれほどたいしたこともない。
グラナダにはフラメンコでかなり有名な一座が住んでいるので、洞窟でフラメンコを楽しむのもあり。
カテドラル周辺に宿を取るのが便利。
がんばれば、全部徒歩で周れる感じ。

②位 バルセロナ(必要滞在時間:2日)世界遺産
オススメ。見るところは、サグラダファミリアと、カサ・ミラとカサ・バリョとグエル公園くらいかな。
グエル公園のグエルというのは、ガウディに金を出していたスポンサーの名前。
他は、まあ、見たければ見ればという感じ。
あとは、サッカー、闘牛を見ればよし。
バルセロナではどこに宿をとっても地下鉄が発達しているので観光には問題ないが、
旧市街に宿を取ると便利。


③位 ミハス(必要滞在時間:5時間)世界遺産ではない
オススメ。スペインを代表する白い町。綺麗で写真の取りがいがある。天気がよければかなり良い写真が撮れる。

フエンヒローラから、朝から晩まで頻繁にバス(20分ほど)がある。
泊まることまではないと思うが、小さな町なのでどこに泊まってもいい。

④位 セゴビア(必要滞在時間:6時間)世界遺産
オススメ。ローマ水道橋がすごい。方法は変わったが、いちおう現役。まわりのユダヤ人街も綺麗な風景があるのでおもしろい。
白雪姫のモデルとなった城もあるので、結構な充実感を味わえる。少し歩くが、城を一望できる場所まで歩くべし。
駅から、町中心までは、バスを使った方がいいが、徒歩でもいける。宿も好きなところで。

⑤位 古都トレド(5時間)世界遺産
オススメ。なかなか雰囲気がある。かわいい街並みもあり、ところどころいい写真が撮れる。
高台にあるので行くだけで、トレドを囲む良い景色を見ることができる。
夕焼け時はいい写真が撮れる。ユースホステルはオススメ。
徒歩でまわれる小さな町。

⑥位 サンティリャーナ・デル・マル(4時間)世界遺産
オススメ。巡礼地の一つ。街並みが石造りの石畳でかわいい。いい写真が撮れる。
徒歩で周れる小さな町。

⑦位 セビーリャ(必要滞在時間10時間)世界遺産
オススメ。スペインで一番でかいカテドラルがあり、必見。登ることもできる。ユダヤ人街もかわいい街並みでたのしい。
アルカサル(城)があり、アルハンブラ宮殿にはかなわないものの、見応えは十分。エンカルナシオン広場の巨大なアートはおもしろい。
フラメンコの本場。
駅から、町までは、バスの方が楽だが徒歩でも20分くらいあるけば、いける。
宿は、カテドラル周辺か、ユダヤ人街にとれば観光が楽。

⑧位 コルドバ(必要滞在時間6時間)世界遺産
オススメ。メスキータの内部はかなり良い。ユダヤ人街もかわいい風景がたのしめる。
アルカサルがあるが、セビーリャよりも劣るので、セビーリャのアルカサル(城)を見ればここは別に。
石造りの橋があるので、夕方はそこにいけばのんびりでき風光明媚。
小さい街で、街中までいけば、徒歩で全部周れる。
ただ、駅から街中まで歩けないことはないが、20~30分くらいかかりそうなのでバスかタクシーで。

ハマム(風呂)の体験もオススメ。結構忙しく予約が必要。
当日いけたらラッキーでだいたい明日になる。
ハマム(風呂)体験

⑨位 マドリッド(必要滞在時間1日)
オススメ。マヨール広場で夜飯を食うといい感じ。
スペイン広場もふーん。
王宮もふーんという感じ。
そのほかもふーんという感じなので、気が向いたらどうぞ。海外にあまり行ってない人には新鮮かも。
プラド美術館は好きな人がいけばいい。
ソフィアでゲルニカだけ見る。無料の時間帯が結構あるので狙い撃ちに。
アトチャー駅付近のBALやレストランは高い割にそんなにうまくないのでお勧めしない。
地下鉄移動が基本で、宿はSOL駅の近くが便利。
地下鉄SOL駅周辺のBARのハシゴがオススメ。
ハムの博物館。エビ専門店がオススメ。
世界最古のギネス記録を持つレストランもその辺にある。
サッカー、闘牛が見れればなおよし。

⑩位 ビルバオ (必要滞在日数:1日)世界遺産
オススメ。スペインで最も飯がうまいバスク地方にある。
ビスカヤ橋というエッフェルさんの弟子が作った橋が世界遺産。橋というか、機械でできてて自動車やらを吊って運ぶ感じはおもしろい。
橋の上にエレベータで行くことができ、下が見えて結構怖い感じなのでオススメ。多少の心拍数の上昇により吊り橋効果が期待できる。
ゲッケンハイム美術館の犬も面白い。旧市街は、綺麗な街並みで歩くのもたのしい。
地下鉄と徒歩を組み合わせて市内観光。
歩けないことはないが、結構歩くことになる。
宿は旧市街にとれば、便利。

⑪位 サマランカ(必要滞在時間:5時間)世界遺産
オススメ。コロンブスが通っていた大学や世界遺産の旧市街がある。古い町並みが残り、そこそこ面白い。
歩いて回れる街で、宿は旧市街あたりが便利。

⑫位 アビラ(必要滞在時間:5時間)世界遺産
まぁまぁ。でかい城壁に包まれた街。ユニークさでは、結構上位だが、期待しすぎてちょっとがっかり。
少し離れた展望台から、城壁に囲まれた町を一望できるのでお勧め!
歩いて回れる街、宿はどこでも良いと思うが、城壁近くの方が雰囲気はいいだろう。

⑬位 サンタンデール(必要滞在時間:4時間)
まぁまぁ。結構大きい都市。貴族たちの保養地らしい。港があり、そんな感じの景色はまあアリ。
街並みもそこそこいいところがある。サンティリャーナデルマルへの拠点。
歩けないことはないが、結構広い。バス亭付近に宿を取れば便利。

⑭位 プエンテラレイナ(必要滞在時間:3時間)
うーん。巡礼地の一つ。1000年前に建てられた石造りの橋が見所だが、サンティリャーナ・デル・マルに行っておけば、べつに行かなくてもよい。
ま、かわいい街並みがところどころは残っている。
歩いて回れる小さな町。泊まることはないと思う。

⑮位 パンプロ―ナ(必要滞在時間:2時間)
うーん。BARめぐりはたのしい。旧市街はいいところもちらほらある。あとは、牛追い祭りがあるときにくるくらいか。
旧市街にとまると、BARめぐりが楽。バスターミナル付近も便利。

⑬位 フエンヒローラ
うーん。地中海沿岸のビーチがある。最近の建物がならんでいる。ビーチが好きならどうぞ。
ミハスへの拠点。
駅とバス亭の近くに泊まるのが便利。そこそこでかいが歩いて回れる街。


⑯位 マラガ(いかなくてもいい)
うーん。ただの都会。ピカソの生まれたところで、ピカソ美術館がある。
この美術館には、数々のピカソの愛した女性たちが登場する。
ここのユースホステルは綺麗だが、立地が悪いのでやめておいた方が無難。





web拍手


↑ブックマークして頂けると あおむけになって喜びます










↑卒業旅行や新婚旅行の
ベストシーズン




↑お勧めヨーロッパ個人旅行





↑HIS・激安・格安・ホテル・ツアー





↑初めて個人で海外旅行なら












海外旅行のベストシーズン

copyright 2008 或るバックパッカーの海外一人旅 世界遺産旅行記 all rights reserved. powered by .
designed by 性格卒業旅行や新婚旅行のベストシーズンバックパッカー或るバックパッカーのインド旅行記×ネパール旅行記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。